就労ビザ専門サイト新設! “令和元年8月中旬公開予定” 

 

 50% ディスカウント

 期間中、特別割引キャンペーン料金で対応させて頂きます。

 

特別割引キャンペーン期間  【令和元年7月22日~令和元年9月30日】

ご依頼者さまへのお願い    【業務終了時、お客さまの声としてコメントを頂きます】

                   【8月中旬公開新設HPでのコメント掲載にご承諾頂きます】   

 

少子高齢化と人口減。今、日本各地で労働力不足を危惧する声が寄せられます。日本国内で就労中の外国人は146万人。更に入管法改正に伴ない今後5年間で34万人の外国人労働者の受入れを予定しています。当事務所では専門サイトを新設し外国人就労支援に努めて参ります。

 

関西圏を中心に、各地へ出張訪問対応致します!

就労ビザ・配偶者ビザの新規認定・変更・更新許可申請

外国人の就労ビザを取扱う行政書士事務所は沢山あります。サポート内容や費用は事務所によって異なります。

 

いぐち法務行政書士事務所 業務内容を是非ご確認ください

外国人が日本で就労活動をするには

①技術・人文知識・国際業務

②技能

③企業内転勤

④経営管理

⑤特定活動 

                                 これらの就業VISA・在留資格が必要です

 

 

日本に滞在している在留外国人は約273万人・そして外国人労働者は約146万人

(2018年現在)

 

彼等はどのような在留資格資格を持って就業しているのでしょうか?

 

「技術・人文知識・国際業務」等で就労    27万人

「特定活動」インターンシップ等         3.5万人

「技能実習」技能実習生として就業      31万人

「資格外活動」留学生のアルバイト等     34万人

「永住者・日本人の配偶者等・家族滞在」等 50万人

 

上記に併せ2019年4月より特定技能ビザによる外国人就業がスタートします

 

出入国在留管理庁発表(平成31年4月) の案内パンフレットはこちら

 

2019年4月から新しい在留資格である「特定技能ビザ」が新設されました。

少子化や高齢化 地方都市の空洞化が著しい現在の日本。

「最低人員数の人材すら集まらない!」「人手不足。このままでは事業存続すら難しい‥‥」

 

日本各地で多く寄せられる事業所の人材不足を危惧する声 「特定技能ビザ」への期待が高まっています。

 

このビザの新設により、特に人材不足への対応が急務とされる建設業界・造船業界・宿泊業界・外食産業などで、外国人就労が可能となります。上記案内パンフレットの通り、現在は14業種に 限られていますが、今後他の産業・業種にも拡大される可能性も考えられます。

ミラサポってご存知ですか?

ミラサポは中小企業庁が後援する中小企業支援の団体組織です。

いぐち法務行政書士事務所代表は、大阪商工会議所の推薦を受け、ミラサポ派遣専門家として登録されています。

特におススメは専門家派遣。選りすぐりの専門家が課題に取組む御社の派遣要請に応じます。販売促進・新規事業計画や補助金申請等、1年度3回までこの専門家派遣を活用出来ます。そして派遣にかかる交通費・宿泊費・相談料は一切不要 完全無料対応です。まず無料会員登録から是非お試しください

 

大阪梅田 いぐち法務行政書士事務所

 

国人雇用をご検討の事業所さま

 「初めての外国人雇用 その手続きをサポートして欲しい!」

 

いぐち法務行政書士事務所(取次行政書士)は、新設された特定技能VISAをはじめ

就労可能な在留資格の新規申請・更新・変更で事業所さまをサポート致します。

どうぞご連絡ください!